人気ブログランキング |

ごぶ、ううん、じゅうぶ以上、参りませんでした。
時間は、受け身じゃなくて、自分でこじあけて
窓を開くように   両手をぐぃーと  伸ばして
そこから、にっ!!❣️と
妖艶ㅎㅎいえいえ  爽やかに 微笑んで
ブログしたいな。

今回は、テーマだけ

スカみたくて深くお詫びします 😽🙏

# by juliet7yy0402_q97 | 2019-05-13 11:21

d0390610_18173003.jpg

d0390610_18173101.jpg
しばらくぶりで書こうっかな

いゃあ、ほんとは  違うことを書きたいのですが

ずーっと暖め続けていて、すんなり書けなくて

殻のヒビヒビに、なったゆで卵みたいな

びびりじれったいものになっています。

キャンバスと  パレット、筆まで揃っていても

んにゃ~~~~( Ꙩꙩ )!。

はっきりしなさい、おまえ

# by juliet7yy0402_q97 | 2019-03-30 18:15

さらーっと、書けたらよいに、

どこかみがまえているかなぁ

肩に力入っていると、本音と雑音(ね)が

混ざってしまう

やんちゃでも  よいかな

小僧のお構いなしもよいかな

ふたつは、 おんなじ じゃないかぇ

わたしの大好きな人のプログは、

読むたびに、太っ腹にさせてくれる。

笑顔がひとりでに  広がる

そんなブログに

泥臭い洗練をめざそう
d0390610_13443777.gif


# by juliet7yy0402_q97 | 2019-02-28 13:39

えらく突然ですが、私というおなごは

バカっぽくもあり

不思議でもあり

忘れないという短所もある変な生き物だ

はじめて出会って20分しか経っていない人にさよならと言ってタクシー乗り場に並んでいると
かなり遠くから全速力で走って来る人がいた
さっきの彼だった。息を切らしながら
送っていくよ姉貴夫婦の車があるから  そして
有無を言わさず旅行かばんを奪ったその人の強引にも似た爽やかな行動に
呆気に取られながらも
理屈ぬきでときめいた
若かった日の旅の終わりの夜

おまえがいなかっ3日間に 
俺に起きたことでそいつを選んだ  仕方なかった。
違う嘘でしょ  そんなこと。
いや おまえは強いから俺が去っても死んだりしないけど、そいつは駄目になるから。
東海道線を走る列車の車両の連結場所で
轟音に負けそうになりながら言い合った。
わたしは決して強くはない、そう見えるだけなのに
でも大嘘でもデタラメでも信じようと
途中下車してとめどもなくないて
滲んだホームの灯り
どうしてそうしたのか、今もわからない

入寮してまだ1週間も経っていない日の朝
誘うと  体調良くないから 食事はいらないと
ベッドに座っていたルームメートがいた
仮寮でキャンパス内の食堂まで5分以上あった。食事は持ち帰られなかったけれど
生卵を1個ハンカチに包んで戻り手渡した時
両手で抱くように受けとった彼女の顔を
今も憶えている。
かたくな眼差しに一瞬 強い輝きが射した。 
   

思ってもみなかった行動

失った恋に絶望しながらも、包まれたほろ苦く甘い感覚

さりげなく思いやったことをあんなに喜んでくれた驚きと満ちたり

どれもみな、短い時間のことだったし
語ろうとするとどうしても
物語っぽくなってしまうから
引き出しにずっと仕舞っておいたこと。
でも本当にあったこと    ノンフィクション。

もうそろそろ忘れてもよいのに ふと
思い出す
それも息づかいや 音や 手のひらの感触を
まざまざと

厄介至極でもあるが、
自然まかせで
良いとも  思う。
人生は、どちらにしても
めくるめく常にドラマチックである。

歳を重ねめっぽう少なくなり
振幅はなだらかになっても
常に、人が好きだから
ドラマはある。紛れもなくね。



















# by juliet7yy0402_q97 | 2019-02-23 10:52

結果亡くなりましたではなくて
結果殺されました  でしょう。

日に幾度となく繰り返し報道される虐待死の番組を目にする度に 煮えたぎる怒りを覚える。
発覚したその時から腹が立って
いたたまれなかった。
浴室で冷水をかけられ死亡の発覚当時に
一気に頭に血が登った。   
専門職が3人も揃って面談していながら
誰ひとり異議ありで 行動を起こすことはしなかった。なんて愚かしく無知で
臆病なのだろう
会見の場所でも オドオドとした目つきで
落ち着きのない対応は、ただの自己保身の何ものでもない。   
人は、児童虐待死があるたびに
こんなことは二度と繰り返さないように願うと口先だけで語る。言うだけで、現実なくなることは決して無く、今もどこかで
起きているだろう。
思い通りに全てがならないとしても
もう歯止めの楔を打ち込まなければならない段階に来ている。
私も思う   虐待罪  または死亡に繋がる虐待は理由理屈なしに殺人罪として
即逮捕し罪を成立させるべきだと。
たとえ第三者からだとしても
通報事実を告げたら司法は即  対応してほしい
でないと手遅れになる。
命が生まれた時  心の愛と名づけた我が子を  自らの手で殺してしまう人間は、
親ではないし、その人格が永遠に理解らない。


# by juliet7yy0402_q97 | 2019-02-06 16:58